ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    令和3年度「男女(みんな)いきいき・さんかくセミナー(前期)」を開催しました

    • [公開日:2021年10月15日]
    • [更新日:2021年10月15日]
    • ID:16896

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    令和3年度「男女(みんな)いきいき・さんかくセミナー(前期)」を開催しました

     各家庭、職場、地域などにおいて男女共同参画がより一層推進されることを目的として、毎日の生活の中で役立つ男女共同参画に関する身近なテーマを取り上げ、「男女(みんな)いきいき・さんかくセミナー」(前期)を開催しました。

     ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、予定していた令和3年5月22日(土)・29日(土)から延期して開催しました。

    セミナーの内容

    1.日時

      第1回:令和3年10月2日(土) 午前10時~午前11時30分

      第2回:令和3年10月9日(土) 午前10時~午前11時30分

    2.場所

      中央公民館 第1研修室

    3.受講者

      13人

    4.テーマ

      第1回:「なぜ夫は主人で、妻は家内なの?-その夫婦の『呼び名』はどこからきたの?-」

      第2回:「みんなが『自分らしく』生きるために」

    5.講師

      関西学院大学 人間福祉学部 教授 今井 小の実 さん

    6.講座のようす


     日頃、何気なく使っているパートナーの呼び方(主人、家内など)について、
     その語源や背景にせまります。


     女性の地位や権利、「男は仕事、女は家事・育児」の定着について、
     歴史とともに説明いただきました。
     


     ジェンダー問題について、男性の立場からみた社会についてもお話がありました。
     さまざまなデータや実際に起こった出来事の紹介があり、
     男性の生きづらさについて、改めて考えさせられる内容となりました。


     多様性=“その人らしさ”を尊重する大切さについて、
     先生自身のパーソナリティに触れながら、お話しいただきました。
     「自分らしく」生きることについて、みなさん真剣に聞き入っていました。

    受講者の感想

    ・講義は有意義であった。

    ・男女共同参画社会の根底にある問題を理解出来た。

    ・男性側からの見方、問題点などを指してくださったのはよかった。

    ・男性をテーマにした講義がたくさんあり非常に参考(勉強)に、なりました。

    ・自分でもあてはまることがたくさんあったので、とてもわかりやすい内容でよかったです。

    お問い合わせ

    京田辺市役所市民部人権啓発推進課

    電話: (人権啓発)0774-64-1336、0774-62-4343(男女共同参画)0774-64-1336

    ファックス: 0774-64-1305

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム