ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置

あしあと

    『個性キラリ☆自分流』第17回~建築士として事務所を開設し活躍する女性~ 一級建築士 池田真理さん「夢を実現!住む人に合わせた家づくり」

    • [公開日:2015年5月1日]
    • [更新日:2020年6月25日]
    • ID:8119

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    池田真理さん(一級建築士) 「夢を実現!住む人に合わせた家づくり」

    いけだ まり
    池田 真理 さん

    池田デザイン室
    一級建築士

    念願の設計事務所開設

     小さい頃からものづくりが大好きでした。部屋のコーディネートを考えることも好きだったので将来はインテリアの仕事がしたいと考えていましたが、自分の家を設計したいという夢もあり、建築士になりました。

     大学卒業後は、設計事務所で分譲住宅などの設計をしていましたが、もっと住まい手それぞれにフィットした家を建てたいという思いが強くなり、独立することを決めました。

     現在は自分の事務所を開設し、住宅設計、戸建てのリフォーム、インテリアなどの仕事をしています。

     また、耐震診断士としての仕事もしています。震災があってから、今まで以上に耐震の重要性を感じるようになりました。古くなった家も大事に長く住んでほしいという思いがあります。

    独立してみて・・・

     起業というと大変なことのように思われるかもしれませんが、大学で一緒に学んだ女性たちの中にも独立している人が多くいたため、特別なこととは思いませんでした。特に、私は自宅で仕事を始めたので、費用もそれほどかからず、ごく自然の流れで始めることができました。夫も大学でともに学んだ仲間ですので、当然のことと受け止めてくれました。

     とは言え、独立したときは子どもが1歳で、「小さな子どもがいる人には責任ある仕事を任せられない」と思われないようにと、かなり気負いがありました。実際にやってみると、自分のペースで一つの仕事にじっくり取り組めるところは良かったと感じています。勤めているよりも、かえって家庭との両立はしやすいのではないでしょうか。

     独立して難しく感じているのは、自分の仕事をみなさんに知っていただけるよう自分から発信していかなければならないところです。しっかり自己プロデュースができなければ、仕事の依頼をいただくことはできません。

    心地よい暮らしをつくる

     いつも家族の気配を感じていられる空間づくりや、花粉症であれば洗濯物を部屋干しできるような工夫など、暮らしの中での経験を生かして設計しています。

     また、美しいデザインというだけでなく、掃除やメンテナンスのしやすさにも配慮して、機能性と居心地の良さを両立させることを目指しています。

     大学時代の仲間には建築士として独立して仕事をしている人も多く、新築見学会があれば互いに見に行って感想を話したりしています。私の設計する家は、「住んでいるうちにじわじわと良さが感じられるような家」と言ってもらうことが多いですね。実際に住まわれた方から、暮らしやすいとか、頼んでよかったという言葉をいただいたときは、本当に嬉しいです。

    周囲の人との関わりの中で

     今は、子どもと過ごす時間をいちばん大切にしています。時間がない中で伝えようとすると、つい早口になったり語調が強くなったりしてしまうので、なるべくコミュニケーションの時間を多くとるよう心がけています。

     夫は同業で仕事に理解があり、家庭のことは互いに協力しています。仕事ではアドバイスをもらうこともあります。 夫も含め、大学時代の仲間たちそれぞれに得意な部分がありますので、ネットワークを生かして助け合っています。

     また、仕事で接する方はほとんどが男性です。そのような環境の中で特に心掛けているのは、しっかりと根拠を示して明確に伝えるということです。

    これからの思い

     新しい建物をつくるのはもちろん楽しいですが、これからは空き家対策にも着目したいです。治安の問題だけでなく、古いものをどう生かしていくかということは、これからのまちづくりにとって大切なことではないでしょうか。元からあるものに発想をプラスして生かすということは、人間にしかできないことだと思います。

     縁あって京田辺市に来たので、今後はまちづくりにも貢献していければと考えています。

    インタビューを通じて・・・

     新生活が始まる幸せな瞬間に立ち会えることが最大の喜びという池田さん。大好きな仕事と家庭を両立して充実した毎日を過ごしていることが、池田さんが目指す「心地よさ」にもつながるのではないでしょうか。

    お問い合わせ

    京田辺市役所市民部人権啓発推進課

    電話: (人権啓発)0774-64-1336、0774-62-4343(男女共同参画)0774-64-1336

    ファックス: 0774-64-1305

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム