ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!(留学先:ニュージーランド オークランド)

    • [公開日:2018年9月25日]
    • [更新日:2018年9月25日]
    • ID:12810

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    海外留学実施報告書

    海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!

    お名前

    木下さん

    留学先

    国:ニュージーランド

    都市:オークランド

    受入機関:Ponsonby Intermediate School

    留学期間

    2018年7月29日から2018年8月19日

    報告書

    1. 現地でどのような人達とどのような交流をしましたか。

    学校には、世界各国から来た人がいました。ニュージーランド人、アジア人、ヨーロッパ人がいました。休み時間は、日常の音楽、テレビ、日本やニュージーランドの話をしました。ホームステイ先には、私の他に留学生のチリ人もいました。夕方に、みんなでニュージーランド、日本、チリの話をしました。

    2. 現地でどのような点に文化の違いを感じましたか。

    一つ目は、みんなの学校への行き方で、文化の違いを感じました。日本と同じで、歩きや自転車で行く人もいましたがスケボー、キックボード、親の車、公共のバスで日本と違う方法で学校に行っている人がいました。二つ目は、住宅地での道路です。日本は道が狭いですが、ニュージーランドでは一般道と同じ広さでした。しかし、スピードが出ないようにバンプがたくさんありました。

    3. 現地で驚いたことは何ですか。

    現地で驚いたところは、車の速さです。高速道路や一般道でもすべての車が速かったです。

    4. 現地で京田辺PRカードを配布したときの反応はどのようなものでしたか。

    配った人はみんなとても興味を持ってくれました。有名な物や日本の中での京田辺の場所などたくさん質問をしてくれました。

    5. 海外留学をすることで、どのような学びがありましたか。

    海外留学をして、ご飯の手伝いをしたりしたので、お手伝いする大切さを感じました。そして、それぞれの国はたくさんの伝統があることがわかりました。伝統は、国にとってとても大切なことで、守られていることがわかりました。とても面白くてもっとたくさんの文化を調べたり発見してみたりしたいと思いました。

    6. その他感想を教えてください。

    新しいことにチャレンジできてとてもいい経験になりました。とても楽しかったです。また行ってみたいと思いました。

    写真

    現地校のクラスメイトとの写真

    ホームステイ先の親戚に京田辺PRカードを渡した時の様子

    オークランドの街並み

    交通科学博物館(MOTAT)

    ホームステイ先の友人のファームにて

    お問い合わせ

    京田辺市役所市民部市民参画課

    電話: (市民活動推進/地学連携推進)0774-64-1314

    ファックス: 0774-64-1305

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム