ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!(留学先:イギリス モーバン)

    • [公開日:2017年9月14日]
    • [更新日:2017年9月14日]
    • ID:11569

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    海外留学実施報告書

    海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!

    お名前

    山本さん

    留学先

    国:イギリス

    都市:モーバン

    学校名:Malvern College 

    留学期間

    2017年8月3日から2017年8月15日

    報告書

    1. 現地でどのような人達とどのような交流をしましたか。

    家ではホストファミリーの年配の方とお話しをしたり、学校では同年代のイギリス人の方たちと一緒に少人数で授業を受けイギリスについて学んだり、イギリスと日本の文化の違いについて話しました。

    2. 現地でどのような点に文化の違いを感じましたか。

    ショッピング街には古着などを安くで販売し収益を寄付しているチャリティーショップがたくさんあったり、レジの横にはもちろん観光地では入場料はとらず、入り口に募金箱を置いていたりと人々の生活の中にチャリティーやボランティアといった活動が根付いていたことに文化の違いを感じました。

    3. 現地で驚いたことは何ですか。

    授業中はみんな積極的に発言し、授業の内容とは違うようなことまで先生も交え真剣に話し合ったりしていたとに驚きました。

    4. 現地で京田辺PRカードを配布したときの反応はどのようなものでしたか。

    1500年前に都が置かれていたと伝えるととても驚いていました。また酬恩庵一休寺の写真を見てとても美しく、機会があれば是非行ってみたいと言ってました。

    5. 海外留学をすることで、どのような学びがありましたか。

    日本では英語で会話する機会がなかなかなかったのですが、海外留学することで実際に英語を聞いて話すことができてとても楽しかったです。それと同時に聞き取れなかったり思っていることを上手く伝えることができなかったりしたこともたくさんあったので、もっと勉強しようと改めて思いました。また今まで知らなかった日本とイギリスの文化の違いを知ることができたり、日本では詳しく知ることができないようなイギリスがかかえる問題なども知ることができました。

    6. その他感想を教えてください。

    初めてのホームステイで始めはとても緊張していましたが、みんなが温かく受け入れてくれてとても嬉しかったです。またイギリスに来なければ出会うことのなかったの方たちと出会えて2週間一緒に過ごすことができ、とても素晴らしい経験になりました。

    写真

    クラスメイト達

    ホストファミリーが京田辺PRカードを見ている様子の写真

    グロスター大聖堂

    ボートンオンザバースで食べたクリームティー

    お問い合わせ

    京田辺市役所市民部市民参画課

    電話: (市民活動推進/地学連携推進)0774-64-1314

    ファックス: 0774-64-1305

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム