ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    平成24年度「京たなべ男女共同参画週間」を実施しました。

    • [公開日:2012年12月9日]
    • [更新日:2019年7月23日]
    • ID:4315

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    1 実施期間

    平成24年6月23日(土)から6月29日(金)までの1週間

    2 主催

    京田辺市

    3 後援

    京田辺市教育委員会・京田辺市PTA連絡協議会・京田辺市民生児童委員協議会

    4 実施事項

    (1)フォーラム

    ●開催日時

    平成24年6月23日(土)午後1時~午後2時30分

    ●開催場所

    京田辺市立中央公民館 大ホール

    ●参加人数

    約130人

    ●内容

    テーマ 「東日本大震災と男女の生き方」

    講 師 民放男性アナウンサー

    概要  講師は、アナウンサーとして活躍しながら、共働きで息子3人を育てておられます。自らの男女共同参画の意識が高まるきっかけとなった3回の立会い出産のエピソードや、思春期に入った子への対応など、まさに男女共同参画実践者からの苦労話やヒントになる話をされました。

    そして、女性の社会進出だけが進み、他の男女共同参画はなかなか進んでいない中、発生した東日本大震災。

    被災地の取材話から報道人にも苦悩や痛みがあることが伝わってきました。

    また、避難所で見た女性被災者と男性被災者の状況から、男性は家庭内で普段から自分のことは自分でし、生活面で自立することが大切であると話されました。

    アンケート結果

    参加者から回答していただいたアンケート結果の一部を紹介します。
    Q 今回のフォーラムは良かったと思いますか。(1つ選択)
          選択肢    回答数
     思う   57
     少し思う    6
     あまり思わない      1
     思わない    1
     無回答    5
          合   計   70

    Q 今回のフォーラムについてのご意見、ご感想などありましたら、記入してください。

       ・一番身近な共同参画は家族であると教えられました。

       ・女性の社会進出は、男性の家庭内の自立が大事ですと教えていただきました。

       ・震災について、報道ではわかりえない生の被災地の現状を聞けてよかった。

       ・講師の真実の報道に対する姿勢、人間味あふれるお話に感動しました。

       ・共感することが多い。生き方を見直すようにしたい。

       ・体験を通しての話しは心に訴えるものがありました。

       ・心に染み入るお話でした。

    (2)パパと子の体遊び

    ●開催日時

    平成24年6月23日(土)午前10時~午前11時30分

    ●開催場所

    田辺中央体育館

    ●参加人数

    6組14人

    ●内容

    講 師  NPO法人ファザーリング・ジャパン会員

           NPO法人S-pace副理事長

                                         金坂 尚人さん

    概 要    体のほぐし遊びの後、家事をテーマに全身遊びをしました。子どもの足を持ち、腕だけで前へ進ませる「掃除機ごっこ」、子どもを後ろから抱いてぐるぐる回す「洗濯機ごっこ」など、ふれあいを大事にした内容が盛りだくさんでした。また、参加者全員でパラバルーンを楽しんだり、身近にあるタオルを使ってできる色々なふれあい遊びも楽しみました。  

    パラバルーン

    パラバルーンを楽しむ参加者

    アンケート結果

    参加者から回答していただいたアンケート結果の一部を紹介します。
    Q 「パパと子の体遊び」に参加して良かったですか。(1つ選択)
          選択肢  回答数
     大変良かった

          6

     良かった      0
     つまらなかった      0
     非常につまらなかった       0
          合  計      6

    Q    「パパと子の体遊び」についてのご意見、ご感想などありましたら記入してください。

      ・タオルでこんなに遊べるものだと新しい発見があってよかったです。

      ・楽しかった。家でやりたいと思います。

    (3)DVD「折り梅」上映会&おしゃべり会

    ●開催日時

    平成24年6月29日(金)午後3時~午後6時

    ●開催場所

    女性交流支援ルーム

    ●参加人数

    4人

    ●内容

    映画「折り梅」を鑑賞した後、家族や介護などについて話し合いました。少子高齢化が進む中で、介護は、家族を取り巻く大きな問題となっています。映画を観て感じたこと、実際介護をされてこられた中での素直な思いなどを語り合いました。
    鑑賞

    映画を鑑賞される参加者

    感想

    参加者から寄せられた感想の一部を紹介します。

    ・とても良い映画で感動しました。

    ・最近、介護保険制度など支援はあるが、まだまだ女性にかかる負担は大きい。

    ・これから介護される側になるので「ありがとう」と感謝のことばや優しいことばをかけられる人になりたい。

    (4)パネル展示

    男女共同参画の視点から、さまざまな分野で活躍される方(『個性キラリ☆自分流』)を5人紹介しました。

    ●展示期間

    平成24年6月23日(土)から29日(金)まで

    ●展示場所

    ・市役所市民ロビー

    ・女性交流支援ルーム

    ・中央公民館(6月23日のみ展示)

    パネル展示

    パネル展示の様子

    お問い合わせ

    京田辺市役所市民部人権啓発推進課

    電話: (人権啓発)0774-64-1336、0774-62-4343(男女共同参画)0774-64-1336

    ファックス: 0774-64-1305

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム