ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置

あしあと

    退職者医療制度

    • [公開日:2015年4月1日]
    • [更新日:2015年4月1日]
    • ID:2612

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    退職者医療制度について

    退職者医療制度とは

     会社などを退職し、年金(厚生年金や共済年金など)の支給を受けることができる65歳未満の人とその家族(被扶養者)を対象とする制度です。

     医療の必要性が高まる退職後に、退職者が会社などの健康保険から国民健康保険に移ることによって、国民健康保険の医療費負担が増大することになり、それに伴い、国民健康保険加入者の保険税負担も増大することになります。

     このような医療保険制度間の格差を是正することを目的に、退職被保険者本人とその被扶養者に対する給付費(被保険者の自己負担以外の医療費)は、一般の被保険者とは別に区分して、会社などの健康保険からの交付金と退職被保険者からの保険税でまかなうことになっています。

    ※平成27年4月以降は、下記の条件を満たしても退職者医療制度に新規に対象となることはありません。ただし、3月までに退職被保険者であった場合は、4月以降も引き続き退職者医療制度に該当することになります。

    退職者医療制度の対象となる人

    退職被保険者

    退職被保険者となる人は、次の条件をすべて満たす人です

    • 国保の加入者で65歳未満の人
    • 厚生年金や各種共済組合などの年金の支給を受けることができる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人

    退職被扶養者

    退職被扶養者となる人は、次の条件をすべて満たす人です

    • 国保の加入者で65歳未満の人
    • 退職被保険者と同一世帯の人
    • 退職被保険者により生計を維持されている配偶者および3親等内の親族
    • 年収が130万円(60歳以上の人や障害者は180万円)未満の人

      (※年収については、障害年金や遺族年金、失業給付などの非課税所得も含まれます。また、退職金や譲渡所得などの一時的な収入は除外します。)

    加入手続きについて

     年金の支給を受けることができる日から、退職者医療制度の適用対象となります

     年金証書を受け取ったら、なるべく早く国保医療課の窓口に届け出てください

    <届出に必要なもの>

    • 国保の被保険者証
    • 年金証書
    • 印鑑

    被保険者証の変更について

     退職者医療制度の適用を受けた場合は、被保険者証の種類は変わりますが、保険税および医療費の自己負担割合などの変更はありません

    お問い合わせ

    京田辺市役所市民部国保医療課

    電話: (国保)0774-64-1332(医療)0774-64-1374

    ファックス: 0774-63-1567

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム